スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
四国 徳島の高齢者の人たち
- 2006/04/25(Tue) -
今年の1月7日 NKKの再放送で心が元気な

人たちを見て、感動しました。機会がなくアップ

遅れましたが、ここで紹介します。


参加してます。よろしかったらクリックお願いします。にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
土地の名前は聞き漏らしましたが山里です。
テレビでは、正月用の「ウラジオ」の出荷、料理用の飾り物の「もみじ」「柿の葉」等々を、各家で独自に栽培して、生き生きと生活している。

集落の半分は65歳以上、なのに、パソコンファックスを活用して、自分が出荷したものが幾らで売れたかをチェックし、次回の出荷の参考にする。

自分の仕事が金額にあらわれ、どのようにしたら稼げる

工夫し考えながら毎日暮らしてる

中には独自の名前を持った作品もあるが、この方高齢で病と闘いな

がら
作品つくり。
医者は悪くなっても良くはならないという。

そこで、集落のその人より若い人達に、作り方の伝授。

それでも、若い者と暮らしたくないと言う、孫の子守より残存能力を生かして、死ぬまで仕事がしたい。

農協の手助けがあるとは言え、働いているのは高齢者。

死にたくない、と言う。

そうだよね、年齢なんて関係ない。

生きる目的があれば上等だと思う。

そして、時間の合間を見て、自分の作品をどのように使われてるかの

研修旅行。粋な計らい。

テレビを観て思わず涙が出た。

大先輩たちの逞しさと人生の歩み方を教わりました
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<お父さんの座布団 | メイン | 天皇賞に向けて>>
コメント
--
徳島もそうですが、高知も同じ位強いですよ。
特に田舎の人達は。
2006/04/26 12:06  | URL | 裕二郎 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ne88.blog49.fc2.com/tb.php/122-6abaae19
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。